あったかい母の味「れんこんの治部煮」by平野レミ

あったかい母の味「れんこんの治部煮」by
治部煮(じぶに)は、金沢を代表する郷土料理。鶏肉に片栗粉をまぶして煮込むから、煮汁にとろみがついて、具材にだしの香りがよく絡みます。心の底からほっとする、まさに「母の味」。このレシピは、「わたしの和だし」を使っているけど、お持ちでない方は、お手持ちのだしパックで代用してくださいね。
準備をするもの(2人分)
準備をするもの(2人分)
つくりかた

1

鶏肉、A

つくりかた

鶏肉はAでもんで下味をつけ、
20分程度おく

2

サラダ油、れんこん、にんじん

つくりかた

鍋にサラダ油を入れ、
れんこんとにんじんを炒める

3

B、C

つくりかた

具材に油がなじんだらBを入れ、
煮立ったらCを加えてふたをせずに煮る

4

片栗粉をふった「1」

つくりかた

具材が柔らかく煮えたら、だしパックを
取りのぞき、「1」の鶏肉に片栗粉を
はたいて鍋に加える

5

火を通す

つくりかた

再び煮立ったらすぐに火を止めて
フタをして、余熱で火を通す

6

ゆず胡椒

つくりかた

器に盛り、お好みでゆず胡椒を添える

アドバイス

このレシピは、MOOK『平野レミのお勝手ごはん』でも紹介しています(邑口京一郎/宝島社)。

おすすめコメント

コメントを書くコメントを書く

合わせてチェックしたい

深くやさしい「わたしのおひたし」

深くやさしい「わたしのおひたし」

お出汁しみ込む「鶏肉の筑前煮」

お出汁しみ込む「鶏肉の筑前煮」

大根おろしが美味!「牛冷しゃぶの和だしあえ」

大根おろしが美味!「牛冷しゃぶの和だしあえ」

平野家伝来の味「炒り豆腐」

平野家伝来の味「炒り豆腐」

レシピ一覧へ戻る