秋を炊き込む「さんま高菜飯」by平野レミ

秋を炊き込む「さんま高菜飯」by
さんまは、焼いても食べるのももちろん美味しいけど、炊き込みご飯にしても美味。高菜の酸味がさんまの美味しさを引き出したり、さらに色んな具材の旨みが引き立てあって、深く、贅沢な味わいに。米の上に具をのせたら、かき混ぜないのが、ふっくら炊くコツ。お好みで、酢を少しだけ加えてね。
準備をするもの(4人分)
準備をするもの(4人分)
つくりかた

1

さんま、塩

つくりかた

さんまに塩をふって
約10分おく

2

「1」

つくりかた

フライパンにさんまを並べ、
フタをして強めの火で焼く

3

ひっくり返す

つくりかた

焼き目がついたら裏に返し、
火を弱めて中まで火を通し、
皿に取り出す

4

米、A、「3」

つくりかた

「3」のフライパンの汚れをふき取り、
米とAを入れ、その上に焼いたさんまを
のせ、フタをして強めの火にかける

5

炊く

つくりかた

煮立ったら、弱火にして12分炊き、
火を止めてそのまま10分蒸らす

6

高菜、白ごま、しょうが

つくりかた

ごはんが炊きあがったら、
さんまの骨を除き、身をほぐし、
高菜、白ごま、しょうがと共に、
ごはんに混ぜ合わせる

7

サニーレタス、焼き海苔、
青じそ、すだち

つくりかた

お好みでサニーレタス、
焼き海苔、青じそを重ねてご飯を包み、
すだちを絞っていただく
※「写真1」参照

アドバイス

「写真1」

おすすめコメント

コメントを書くコメントを書く

合わせてチェックしたい

今日はパーティー「レミパンパエリア」

今日はパーティー「レミパンパエリア」

フライパンひとつで「レミパンビビンバ」

フライパンひとつで「レミパンビビンバ」

レミパンひとつで「まるでおこわ&おまけ汁」

レミパンひとつで「まるでおこわ&おまけ汁」

旨みを吸わせて「きのこの炊き込みごはん」

旨みを吸わせて「きのこの炊き込みごはん」

レシピ一覧へ戻る