本場の味わい
「酔っぱらい中華鶏」by平野レミ

本場の味わい「酔っぱらい中華鶏」by
蒸して、漬けて、数時間経ったら、そこは中国。飛行機代が浮いちゃいます。味の決め手は、紹興酒と五香粉。お酒も進む、本場中国の味わいです。旨みが凝縮された肉汁がこぼれないよう、鶏肉を蒸す時は必ず深めのお皿を使ってくださいね。蒸したり漬けたりするのが面倒な方は、このレシピをさらに簡単にした「楽チン!中華鶏」がオススメよ。本格か、お手軽か。気分によって変えてもいいかもね!
準備をするもの(2人分)
準備をするもの(2人分)
つくりかた

1

鶏肉、塩

つくりかた

鶏肉に塩をまぶし、
皮目を下にして深めのお皿にのせ
ラップをし、スチーマーで15分蒸す

2

「1」、A

つくりかた

チャック付き保存袋に「1」を
蒸し汁ごと入れ、Aを加え、
空気を抜いて4〜5時間つけこむ

3

「2」

つくりかた

「2」の鶏肉を薄切りにし、
白髪ねぎとともにお皿に盛って完成
タレをつけて召しあがれ

アドバイス

・鶏肉を切るときは、皮目を下にすると身と皮が分離せず、キレイに切れます。
・はちみつを少しだけつけて食べても◎。

合わせてチェックしたい

安くて美味い!「や酢豚」

安くて美味い!「や酢豚」

北京ダックを家庭でも。味は本格。「ペテンダック」

北京ダックを家庭でも。味は本格。「ペテンダック」

パリパリおいしい「春巻かず」

パリパリおいしい「春巻かず」

レシピ一覧へ戻る