remy cook your happiness.

レミパン
【長持ちのための5つの注意】

レミパン<br> 【長持ちのための5つの注意】
レミパンプラスの内面には、食材がこびりつきにくい、3層ふっ素コーティングを施しています。技術改良を重ね、従来型のレミパンよりも高い耐久性を実現しましたが、長い間お使いいただくと、その性能は少しずつ低下します。このページでは、説明書にも記載のある、コーティングを長持ちさせるための5つのポイントをご紹介します。

icon

1. 金属製品は使わない 

レミパン【長持ちのための5つの注意】

金属製のキッチンツールは、コーティングを傷つけやすいので、できるだけ使用しないでください。長くお使いいただくために、キッチンツールは、プラスチックまたは木製のものを使用してください。

icon

2. 強火にかけない

レミパン【長持ちのための5つの注意】

レミパンプラスは、熱伝導のよいアルミ鋳造製品です。温度がとても上がりやすく、強火を継続的に使用するとふっ素樹脂コーティングの劣化やはがれの原因となってしまいます。中火以下で使用するよう心がけてください。

icon

3. 空だき / 急冷しない

レミパン【長持ちのための5つの注意】

過度の空だきは、ふっ素樹脂コーティングの劣化、本体変形、外面塗装や取っ手損傷の原因となりますので、くれぐれもご注意ください。誤って空だきしてしまった場合でも、水等で急冷すると商品劣化の原因となりますのでお控えください。

icon

4. 料理を放置しない

レミパン【長持ちのための5つの注意】

食材に含まれる塩分や油が、フライパン内面に長時間残留すると、ふっ素樹脂コーティングの劣化の原因となります。作った料理を長時間保存する際は、他の容器に移すよう心がけてください。

icon

5.つけおき洗いしない

レミパン【長持ちのための5つの注意】

塩分や油分を含む水の中にフライパンを長時間放置すると、ふっ素樹脂コーティングの劣化の原因となります。長時間のつけ置き洗いはお控えください。

レミパンプラスのハンドルには、ネオジム磁石が埋め込まれています。医療用ペースメーカー等をお使いの方は、医師と相談の上ご使用ください。

Share & Clip

  • Share
  • Email
  • LINE
ニュースレター
登録