remy cook your happiness.

ありのままで「人参まるごと蒸し」

by 平野レミ, 2017.02.05

ありのままで「人参まるごと蒸し」

人参は、皮と身の間に栄養が集まっているので、じつは丸ごと食べるのが一番理想的!というわけで、丸ごと蒸して、パリッとソテー。美味しさが最大限に引き出された人参に敬意を表して、ナイフとフォークでお行儀よくいただきましょう。

準備するものじゅんびするもの ( 2人分 )

準備するもの

つくりかた

  • 1.

    にんじん、A

    つくりかた

    にんじんとAを鍋に入れ、フタをし、
    30〜40分蒸し煮にし、柔らかくする
    (途中で一度ひっくり返す)

  • 2.

    B

    つくりかた

    Bをフードプロセッサーにかけ、
    なめらかにし、くるみソースをつくる

  • 3.

    バター、「1」

    つくりかた

    バターを熱し、「1」のにんじんを
    こんがり焼き色がつくまで、
    転がしながらソテーする

  • 4.

    「3」、イタリアンパセリ、
    「2」、黒コショウ

    つくりかた

    お皿に「3」のにんじんを並べ、
    イタリアンパセリを葉に見立てて飾り、
    「2」のくるみソースを好きなだけかけて完成
    お好みで黒コショウをふる

[アドバイス]

くるみソースは冷蔵庫で2〜3日間保存できるので、あまったら温野菜や茹でたり焼いたりした肉のソースとしても◎。

このレシピは、“丸ごとシリーズ”として、書籍『嫁姑ごはん物語』でも紹介しています。

Share & Clip

  • Share
  • Email
  • LINE
おいしいメルマガ
登録