水切りも油切りも
「かさなるストレーナー」

かさなるストレーナー
揚げ物がもっと好きになる?そんなストレーナー(取っ手付きザル)ができました。レミパンプラスレミパンミニにぴたっと重なり、セットで使うと一層便利に。かさなるスチーマーと並ぶ、レミパンのおいしいパートナー。いよいよ11月1日に発売です。

sliderA

茹で物に

野菜やパスタを茹でたあとの“湯切り”。熱湯たっぷりのお鍋をシンクに運んで、ヤケドしないように、ざっと流す。慣れていても、熱くて重たいお鍋の扱いには気を使うもの。取っ手付きのストレーナーがあれば、鍋の上でサッと水切りできるので、あとはお皿に盛るだけ。手間も心配もかかりません。
かさなるストレーナー

揚げ物に

唐揚げ、トンカツ、海老フライ。みんな大好きな揚げ物ですが、油切りのために網やバットを用意するのはちょっと面倒。また、食材をひとつひとつ出し入れすると、揚げ時間に差が生じたり、油がコンロに落ちたりと、何かと気苦労が多いもの。かさなるストレーナーはフライヤーとしても使えるので、食材を一気に引き上げその場で油切りができ、(二度揚げ時には)一気に戻し入れることができます。時短に繋がるのはもちろん、後片付けのストレスを減らせるのも嬉しいポイントです。
かさなるストレーナー

考えられた網の目

一般的なザルは、網の目に油が詰まるので揚げ物には向きません。一方、揚げ物専用ザルは、網の目が大きすぎて麺やパスタが通り抜けてしまいます。「両方こなせる網なんて作れるの?」最初は半信半疑でスタートした商品開発でしたが、新潟燕三条の職人チームと繰り返し検証実験を行い、「茹で」も「揚げ」もこなせる万能網が完成しました。
かさなるストレーナー

持ちやすい

ストレーナーの持ち手にはシリコン素材を採用。滑りにくく手に馴染むほか、調理中も熱くならずヤケドの心配もありません。また、写真のように持ち手をズラせば、レミパンにツールを置いたまま調理ができるので、場所を取らず、コンロ周りをいつも清潔に保てます。
かさなるストレーナー

お手入れ簡単

ザルの底には、“足”となるワイヤーパーツが付いているのが一般的ですが、洗いにくく、スポンジがワイヤーに引っかかってしまうこともしばしば。かさなるストレーナーは、網を巧みに折り曲げて足を作っているので、余計な凹凸がなくお手入れも簡単。調理や洗い物の手間を減らせた分、食卓でのひとときを長く過ごしたいですね。
かさなるストレーナー

11月1日発売

快適調理を助ける「かさなるストレーナー」。サイズは、レミパンプラスにぴったりの24cmサイズと、レミパンミニにぴったりの直径20cmサイズを用意。現在、新潟燕三条の工場で生産を行なっており、発売は、11月1日(月)を予定しています。もう少々お時間を頂戴しますが、発売まで、楽しみにお待ちください。
かさなるストレーナー
ご購入前に知っておいてほしいこと
かさなるストレーナー
かさなるストレーナー
かさなるストレーナー
かさなるストレーナー
かさなるストレーナー
かさなるストレーナー
かさなるストレーナー
かさなるストレーナー
かさなるストレーナー
かさなるストレーナー