remy cook your happiness.

【レミパンプラス】
トラブルシューティング

【レミパンプラス】<br>トラブルシューティング
本ページでは、レミパンプラス発売以来、お客さまからご報告いただいたことのある「商品トラブル」に関して、その対応策をQ&A形式でまとめています。トラブルの発生率は、ごくわずかではございますが、商品に関して、もし疑問をお持ちの方がいらっしゃいましたら、該当箇所のアイコン(本体/ハンドル/フタ/ツール)をクリックの上、ご一読ください。皆さまひとりひとりの声に耳を傾けながら、商品改良に努めてまいりますので、今後ともレミパンプラスを、どうぞよろしくお願い申し上げます。

本体について

Q.食材がこびりつきやすくなってきたのですが?
まず、ふっ素樹脂の表面が茶褐色になっていないかご確認ください。空焚きをしたり、強火での加熱を続けたりすると、ふっ素樹脂の表面は茶褐色になり、食材がこびりつきやすくなります。説明書に記載の注意事項をよく読み、調理時は中火以下でご使用くださいますよう、お願い申し上げます。なお、ふっ素樹脂の劣化や痛みについては、保証の対象外となります。ご了承ください。

一方、使用初期の段階で、且つ表面の変色がないにも関わらず、明らかにこびりつきやすくなった場合、初期不良の可能性も考えられます。商品の状態を確認させていただいた上で、個別に交換または修理の対応させていただきますので、和平フレイズアフターサービス係までご連絡ください。なお、こびりつきやすい状態を緩和させる方法については、こちらのページをご参照ください。
Q.フライパンのフチのコーティングが、ボロボロとはがれてきたのですが?
ふっ素樹脂を焼き付ける工程で、ふっ素樹脂が焼成しきれていなかった一部の製品に、このような症状が生じることがあります。商品の状態を確認させていただいた上で、個別に交換対応をさせていただきますので、恐れ入りますが、和平フレイズアフターサービス係までご連絡ください。なお、ふっ素樹脂を長持ちさせるため、柔らかいスポンジで優しくお手入れして頂くことをおすすめします。
Q.フライパンの外側(塗装面)についた汚れが落ちないのですが?
フライパンの外側についた汚れを高温で熱すると、汚れが焼き付き、取れなくなります。フライパンの外面塗装をきれいに保つために、煮汁などが吹きこぼれたらすぐに拭き取ってください。また洗浄後の乾燥時も、水気を拭き取ってから乾燥させてるよう心がけてください。正しい使い方をしても汚れが気になる場合は、商品の状態を確認させていただいた上で、個別に交換または修理の対応させていただきますので、恐れ入りますが、和平フレイズアフターサービス係までご連絡ください。

↑ メニューへ戻る

ハンドルについて

Q.本体のハンドルがグラつくのですが?
構造上、ご使用・加熱を繰り返すうちにハンドルのネジが緩んでくる場合がございます。ハンドルが緩んだ状態で使用すると、脱落してヤケドの危険がありますので、必ずネジを締め直してから使用してください。万が一きつく締まらない場合は、ネジ穴が傷んでいる可能性があります。商品の状態を確認させていただいた上で、個別に交換または修理の対応させていただきますので、恐れ入りますが、和平フレイズアフターサービス係までご連絡ください。
Q.ハンドル後端部のパーツが開き、パカパカするのですが?
配送中の衝撃などより、2つのパーツを接合しているハンドル後端部の爪が破損している可能性があります。商品の状態を確認させていただいた上で、個別に交換または修理の対応させていただきますので、恐れ入りますが、和平フレイズアフターサービス係までご連絡ください。
Q.ハンドルの上下がずれる、もしくは後端部に段差があるのですが?
ハンドルの上下部品に製造上の寸法誤差が生じている可能性があります。商品の状態を確認させていただき、極度なズレが確認できた場合、ハンドルを交換させていただきますので、恐れ入りますが、和平フレイズアフターサービス係までご連絡ください。

↑ メニューへ戻る

フタについて

Q.フタの取っ手が緩んで、締めてもきつくならないのですが?
ガラス面やフタの取っ手部品が濡れていたり汚れていたりする場合、滑ってネジがきつく締まらない場合があります。まず、フタの裏側のネジを回して取っ手を分解し、食器用洗剤をつけて、スポンジ等で周辺を洗ってください。洗い終わったら、キッチンタオル等で水気を拭き取り、乾いた状態で再度締め直して下さい。それでもフタがきつく締まらない場合は、商品の状態を確認させていただいた上で、個別に交換または修理の対応させていただきます。恐れ入りますが、和平フレイズアフターサービス係までご連絡ください。
Q.フタを立てて置いた時に、フタの裏に溜まった水滴がにじみ出るのですが?
たいへん申し訳ございません。生産初期に出荷したフタの一部から、このような症状が確認されています。この問題を解決するため、ガラスとステンレス縁の間にシリコンパッキンを施したフタをご用意いたしました。お問合せいただきましたら、新しいフタと交換させていただきますので、和平フレイズアフターサービス係までご連絡ください。
Q.フタとステンレス縁の間にあるパッキンが外れたのですが?
ある特定の期間に製造されたガラス蓋のシリコンパッキンが、蒸し料理や煮物などで長時間加熱調理をした際に、一部が外れてしまうという不具合が確認されました。希少な症状ですが、上記不具合を発見された場合は、恐れ入りますが、和平フレイズアフターサービス係までご連絡ください。至急、新しい蓋を送付させていただきます。
Q.蒸気穴に亀裂が生じたのですが
フタの取っ手に過度な水蒸気が当たった場合に、ごく稀に、亀裂が生じることがあります。新しいフタと交換させていただきますので恐れ入りますが、和平フレイズアフターサービス係までご連絡ください。

↑ メニューへ戻る

ツールについて

Q.ツールのフック穴はないのですか?
remyキッチンツールは、フライパン・ハンドルに内蔵されたマグネットに反応させるため、内部に鉄製の芯材が埋め込まれています。ハンドル内部のマグネットに対する反応性を高めるため、フック穴は設けておりませんが、多くのお客さまから、改良のご要望をいただいております。改良に向け、今後メーカーと協議を進めて参りますので、いましばらくお待ち下さいますよう、お願い申し上げます。
Q.菜箸の先端が溶けたのですが?
耐熱温度以上の温度で使用された可能性があります。例えば、チャーハン調理の場合、フライパンに食材を入れ、かき回している時は、フライパンの表面温度は150℃以下を保つのが通常ですが、食材が焦げたり、食材のない状態で炒めたり、空だきの状態においては、表面温度が200℃以上に上昇することがあります。このような状況下でツールをご使用いただくと、その接点は高温状態になり、溶けたり、擦り減ってしまいます。耐熱温度内でご使用くださいますよう、お願い致します。
参考:菜箸・お玉・ヘラ:耐熱210℃/ターナー:耐熱170℃
Q.ヘラの先端が割れてしまったのですが?
ヘラ先端に、包丁やはさみ、ザルの切れ端などの金属片があたり、シリコンに傷がついたことが原因として考えられます。最初は小さな傷でも、力が加わるとそこから裂けるように割れてしまいます。ヘラをお使いの際には、金属片との接触にはくれぐれもご注意ください。

↑ メニューへ戻る

その他、レミパンプラスにつきまして、お気づきの点がございましたら、お気軽にお問合せフォームよりご連絡くださいませ。今後ともレミパンプラスをどうぞよろしくお願いいたします。
remy

Share & Clip

  • Share
  • Email
  • LINE
おいしいメルマガ
登録