remy cook your happiness.

【レミパンプラス】
トラブルシューティング

【レミパンプラス】<br>トラブルシューティング
このページでは、新型レミパンシリーズの発売以来、お客さまからご報告いただいたことのあるお悩みに関して、その対応策をQ&A形式でまとめています。商品に関して、もしお困りのことがありましたら、該当箇所のアイコン(本体/ハンドル/フタ/ツール)をクリックの上、ご一読くださいますようお願いいたします。

本体について

Q.食材がこびりつきやすくなってきたのですが?
まず、内面コーティングの表面が茶褐色になっていないかご確認ください。空焚きや強火使用を続けると、コーティングが劣化し、茶褐色になり、食材がこびりつきやすくなります。説明書に記載の注意事項をよく読み、必ず中火以下でご使用ください。※コーティングの経年劣化については、保証の対象外となりますのでご了承ください。

なお、こびりつきやすい状態を緩和させるには、オイルクレンジングをお試しいただくと、改善されるケースがあります。その他、コーティングに異常を発見された際は、状態を確認させていただいた上で、個別に交換等の対応させていただきますので、アフターサービス係までご連絡ください。
Q.フライパンのフチのコーティングが、ボロボロとはがれてきたのですが?
ごくまれなケースではありますが、ふっ素樹脂を焼き付ける工程で、樹脂が完全に焼成しきれなった一部の製品に、このような症状が生じることがあります。商品の状態を確認させていただいた上で、個別に交換対応をさせていただきますので、アフターサービス係までご連絡ください。
Q.フライパンの外側(塗装面)についた汚れが落ちないのですが?
フライパンの外側についた汚れを高温で熱すると、汚れが焼き付き、取れなくなることがあります。一度焼き付いてしまった汚れを落とす際は、メラミンフォーム(「激落ちくん」など)をご利用ください。※強くこすると外面塗装がはげる場合がありますのでご注意ください。

↑ メニューへ戻る

ハンドルについて

Q.本体のハンドルがグラつくのですが?
構造上、ご使用・加熱を繰り返すうちにハンドルのネジが緩んでくることがあります。ハンドルのグラつきを感じた時は、必ずネジを締め直してご使用ください。もしグラつきが改善されない場合は、ネジ穴が傷んでいる可能性があります。無償にて交換させていただきますので、アフターサービス係までご連絡ください。
Q.ハンドルのパーツの劣化が気になるのですが?
ごくまれなケースではありますが、配送中の衝撃やこすれなどより、ハンドルの上下2つのパーツの接合部や、表面塗装が傷みやすい状態になっていることがあります。商品の状態を確認させていただいた上で、無償交換させていただきますので、アフターサービス係までご連絡ください。

↑ メニューへ戻る

フタについて

Q.フタの取っ手が緩んで、締めてもきつくならないのですが?
2016年発売当初に製造されたガラス蓋は、取っ手の付け根が完全に締まり切らない(回転する)仕様になっています。お客様からのご要望により、2017年より仕様変更をしております。交換をご希望の方は、アフターサービス係までご連絡ください。無償にてお送りいたします。
なお、新しい蓋でも、ガラス面や取っ手部品に油汚れがある場合、滑ってきつく締まらない場合があります。その際は、フタの裏側のネジを回して分解し、食器用洗剤で周辺を洗ってください。洗い終わったら、水気をよく拭き取り、乾いた状態で再度締め直して下さい。
Q.フタとステンレス縁の間にあるパッキンが外れたのですが?
たいへん申し訳ございません。2016年の一部期間に製造されたガラス蓋のシリコンパッキンが、煮物などで長時間加熱調理をした際に、一部が外れてしまうという不具合が確認されました。上記不具合を発見された場合は、恐れ入りますが、アフターサービス係までご連絡ください。新しい蓋を送付させていただきます。

↑ メニューへ戻る

ツールについて

Q.ツールのフック穴はないのですか?
remyキッチンツールは、本体ハンドルに内蔵されたマグネットに反応させるため、鉄芯が埋め込まれています。マグネットに対する反応を高めるため、フック穴は設けておりませんが、「フックにかけて収納したい」というご要望にお応えし、専用のツールホルダーをご用意しております。詳細は、商品ページをご覧ください。

Q.ツールの先端が溶けたのですが?
菜箸・お玉・ヘラの耐熱温度は210℃、ターナーの耐熱温度は170℃です。それ以上の温度で使用すると、先端が溶ける場合があります。フライパンに食材を入れて混ぜている時は、フライパンの表面温度は通常150℃以下ですが、食材の少ない状態で加熱したり、食材を焦がしたり、空だきの状態においては、表面温度が210℃以上に上がることがあります。このような状況でツールを使うと、先端が溶けたり、擦り減ったりすることがありますのでご注意ください。

↑ メニューへ戻る

その他、商品に関してお気づきの点がございましたら、製造元のアフターサービス係までご連絡くださいませ。今後ともレミパンシリーズをどうぞよろしくお願いいたします。
remy

Share & Clip

  • Share
  • Email
  • LINE
ニュースレター
登録