remy cook your happiness.

モニターの声

モニターの声

zipronを、3名のモニターさんに1週間使っていただき、「良い所」と「悪い所」を聞きました。ネガティブな面に関しても、同じように感じられるお客様もいらっしゃるかもしれませんので、あらかじめご一読ください。

K.Sさん(30代女性)

  • キッチンで、これほどタオルを使っているとは思わなかった。手を拭いたり小物を拭いたり、すごく便利。
  • シンプルなデザインが好き。ジーンズのような質感も高級感があってよかった。
  • 腰ヒモのバックルは着脱に便利だけど、後ろから見たときの見栄えが少し気になる。多少面倒でも、ヒモの方がオシャレなような気がする。
  • タオルの裏面のステッチも、表面と同じようにスッキリさせてはダメだったのか。

バックルの採用有無は、商品開発における大きな分岐点でした。最終的には「毎日使うものだから、少しでも便利な方を」という判断で採用を決めました。ただ、新しい試みである分、馴染みにくいという側面はあるかもしれません。
タオルのステッチに関しては、普通のハンドタオルと異なり、“着用”を前提としているため、衣類同様の考え方で、表と裏でステッチが異なります。

H.Kさん(20代女性)

  • オシャレ!こういうエプロンが欲しかった。
  • 体がかたい方なので、後ろで紐を結ばす、バチっととめられるのがいい。
  • 試しに水をこぼしたら、水滴がコロコロ転がってすごい撥水性だった。汚れをさっと拭き取れるのは嬉しい。
  • タオルは、へビーに使うものだから、高級タオルである必要があったのか。もったいなくて、他のタオルを使っちゃいそう。
  • 今治タオルを初めて使ったが、評判ほどフワフワじゃなかった。
  • せっかくタオルが外せるのだから、洗い替え用のタオルが欲しい。

今治タオルは、生活の中で使われてこそ真価を発揮します。どうか遠慮なくご使用いただけたら幸いです。
柔軟性に関しては、洗濯後の縮みを避けるため(ファスナー部との境界を美しく保つため)、工場で洗濯・乾燥加工を行っております。これにより、起毛の密度(固さ)が多少上がっております。
洗い替え用のタオルは、たくさんのお客様からリクエストをいただき、販売を開始しました。お待たせして申し訳ございませんでした。

O.Aさん(40代女性)

  • 素晴らしいアイデアだと思う。専業主婦で、10年以上、一日の半分近くキッチンに立っているが、これほど役に立つ商品に出会うことはめったにない。考えてくれたremyに感謝したい。
  • 無地のエプロンは汚れが目立つと思う。チェックとか花柄とか、柄があってもよかったのでは。
  • いまポリエステル100%のエプロンを使っているので、アイロンはしないで済む。zipronはポリエステル35%なので、綿100%よりは全然ましだが、ポリエステル100%と比べると、洗濯後に多少シワが残る。ポリエステル100%も検討して欲しかった。

柄に関しては好みが分かれるため、無地を採用しました。汚れが目立つ、という点に関しては、「Nano-Wing®」という汚れに強い機能素材を使用し、ご懸念点に対応いたしました。
シワに関しては、おっしゃる通り、ポリエステル100%にはかないません。しかし、麻のような美しい繊維表情を残しつつ、シワになりにくいという、たいへんバランスのよい生地を採用しております。風合いも含め、楽しんでいただければ幸いです。

<< 商品ページにもどる

Share & Clip

  • Share
  • Email
  • LINE
ニュースレター
登録