remy cook your happiness.

週刊文春×和田誠「メモリアルクロック」

週刊文春×和田誠
「メモリアルクロック」

週刊文春×和田誠「メモリアルクロック」
週刊文春メモリアルクロックは、予想を上回るたくさんの方からご注文をいただき、受付初日をもって完売となりました。興味をもってくださった皆さま全員に商品をお届けすることができず、まことに申し訳ございませんが、ご理解くださいますようお願い申し上げます。 平野レミの夫で、イラストレーターの和田誠さん。1977年に雑誌「週刊文春」の表紙を描き始め、今年で40周年を迎えます。手がけた表紙の数は、2017年7月20日号で、なんと2000枚。関係者はみな「2000枚目はどんなイラストになるんだろう?」と楽しみに待っていたわけですが、そこに現れたのは、40年前の第1号に登場した“小鳥”でした。当時、エアメールをくわえてとまっていた鳥が、40年の時を越え、夜空を羽ばたきます。
週刊文春「メモリアルクロック」

icon

貴重な記録映像

和田さんが週刊文春の表紙を描いている姿は、この40年、一度も撮影されたことがなかったようなのですが、2000枚の記念に、初めて事務所スタッフにより撮影されました。その貴重な記録映像がこちら。後半には、平野レミによる“アットホーム”なインタビューシーンも収録されています。

icon

時をきざむ鳥

1977年の創刊から、40年の時をかけ、羽ばたいた鳥。この、ちょっとロマンチックな鳥を、どうにかカタチにして残したい・・・そう考えたremyの商品チームは、“時をきざむ鳥=時計”というアイデアを思いつき、さっそく、週刊文春の編集長・新谷学さんに話をもちかけました。すると、企画に強く賛同してくださり、「やりましょう!」という嬉しいお返事。最後は、和田誠さん本人からのお墨付きももらい、あれよあれよという間に、商品化の話が決定したのです。

週刊文春「メモリアルクロック」

icon

セイコーさんのご協力

商品開発に協力してくれたのは、時計づくりのプロフェッショナル、セイコークロックさんです。通常であれば、つくるのに半年以上かかるオリジナル時計ですが、「国内での少量生産であれば、7月に間に合うかもしれない」ということで、わずか1ヶ月半という短い期間で、企画から製造までご協力いただけることになりました。※写真は、ご相談をもちかけたその場で盤面デザインを開始する、デザイナーの嶋村さん。

週刊文春「メモリアルクロック」

icon

ひとつひとつ手づくりで

日本で見かける時計の多くは、海外の工場で大量生産されるのが一般的ですが、週刊文春メモリアルクロックは、国内の職人の手により、ひとつひとつ丁寧に印刷・組立てが行われます。普段あまり目にすることがない“シルク印刷”の様子は、こちらの動画でご覧いただけます。

icon

とまる鳥、羽ばたく鳥

時計の種類は、2つ。ガラスの盤面に、第1号のイラストを印刷した時計と、第2000号のイラストを印刷した時計です。サイズは共に、週刊文春よりひとまわり大きい、A4サイズ。全面ガラス製なので、しっかりとした質感があり、掛け時計としてはもちろん、置き時計としての魅力もたっぷり。インテリアをやさしく、たのしく演出してくれます。

  • 週刊文春「メモリアルクロック」
  • 週刊文春「メモリアルクロック」
  • 週刊文春「メモリアルクロック」
  • 週刊文春「メモリアルクロック」
  • 週刊文春「メモリアルクロック」

icon

子どもたちの未来のために

週刊文春メモリアルクロックは、週刊文春とのコラボレーションによって生まれた記念品です。販売によって得られた収益(売上から経費を引いた金額)は、両親を亡くした遺児たちを支える非営利団体「あしなが育英会」さんに全額寄附し、画材道具や教育資材に換えて活用していただく予定です。遺児のケアはもとより、イラストの魅力を未来に繋いでいくということは、和田誠さん本人の願いでもあります。

週刊文春「メモリアルクロック」

icon

数量限定販売

週刊文春メモリアルクロックは、現在、セイコークロックの国内協力工場で組立てをしており、7月末に入荷、8月初旬に出荷予定です。現在、予約販売という形でご注文を受け付けておりますが、商品到着までしばしお待ち下さいますよう、お願い申し上げます。なお、本商品は個数限定販売です。お一人さまにつき、3つ以上のご注文はお控えくださいますよう、ご協力お願いいたします。

週刊文春「メモリアルクロック」

Photo by 和田裕也

種類欄をクリックして、注文する商品をお選びください。

週刊文春「メモリアルクロック」

週刊文春「メモリアルクロック」

週刊文春「メモリアルクロック」

  • 12,960円各12,960円 (税込)

申し訳ございません。
完売しました。

品切中

10000円以上お買い上げで送料無料

  • 発送 1〜2営業日以内
  • 送料 全国一律600円(税込)
    ※8,000円以上のご注文で、送料無料でお届けします。
  • ギフト包装 150円(税込)〜 詳細はこちら
  • よくあるご質問 >
商品の詳細情報はこちら >
ムーブメント クオーツ
本体材質 ガラス(両面印刷仕上げ)
サイズ (約)W220 x H307 x D30 mm
重量 (約)560g
使用電池 単3形乾電池1個
電池寿命 約1年(単3マンガン乾電池(R6P)を1個使用時)※単3形アルカリ乾電池(LR6)も使用可能です。※電池の寿命はご使用の条件によって変わります。
精度 平均月差±20秒(気温5℃から35℃で使用した場合)
使用温度範囲 -10℃~+50℃

みんなの感想

  • 再販売してほしくてたまりません

    totonoさま★★★★★

    どうかどうか再販してください。このデザインで、この価格・・・!それは即完売商品となるでしょう。この波に乗り遅れ、購入できなかった者ですが、それでもサイトを眺めずにはいられません。
    再販売されることを心から願っています。

  • 再販あると嬉しいなーー

    でこさま★★★★★

    久しぶりに欲しい‼︎って思える物に出会えました。
    再販あると嬉しいなーー
    でも、こんなステキな物があるんだって知っただけでも満足せな?かな?

  • なんて素敵な時計…

    ゆまかなるさま★★★★★

    とても素敵です、見惚れてしまいました。

    先日張替えた壁紙に合いそうだなあと思って主人に相談してる間に完売…

    ぜひ、切に再販を希望いたします!
    金額が上がってもいいと思えるほどに、人の心を動かす素晴らしい商品です。

  • 再販売を切望します!

    ナーコさま★★★★★

    物心ついた時から週刊文春を愛読しています。学生時代(40年前)父親が購読していたのを勝手に拝借して読んでいました。週刊誌といえば「おじさんの読み物」という印象があり、愛読書であることを誰にも言えずにこっそりと読んでいたことを思い出します。今でこそ「文春砲」などといっていますが、当時、三浦和義を取り上げた「疑惑の銃弾」はリアルタイムで事が展開し、まさにノンフィクションの真骨頂でした。有名人の不倫もいいですが、もっと巨悪を暴くようなスクープを期待します。今回、和田誠さんの表紙の絵が2000回を迎えたということで、改めておめでとうございます。毎回センスのよいイラストで週刊文春の格を高めているように感じます。メモリアルクロックが発売されたことを知ったのは、完売した後でとても残念です。何とか再販売にならないでしょうか?ぜひとも手に入れたくメールをしました。どうぞよろしくお願いします。

  • ほしい!!!

    とももさま★★★★★

    こんにちは(*^^*)
    平野レミさんが大好きです!
    時計、本当に欲しくて買えないのが残念でなりません。。。。どうにか追加販売して欲しいです!!!宜しくお願い致します!!!

  • 追加注文のお願い

    イカちゃんさま★★★★★

    週刊文春を読み始めて、早43年になります。和田誠さんのメモリアルクロック、
    7月18日(火)に注文して、完売とは残念でたまりません。
    日にちが掛かっても追加販売できませんか。ぜひとも検討ください。

  • 欲しい!!

    みーちゃんさま★★★★★

    気づいたときには完売していました。どうかまた制作して追加販売してください。
    これから先の人生を、和田さんの素敵なエアメール時計と共に過ごしていきたいです。お願いいたします。

  • 和田誠さん メモリアルクロック もう一度 

    ゲンさま★★★★★

    連休最終日 ぼんやり グラビアを読み返していたら なんと 限定 製作。
    7/13 即日完売。 38年間 文春 愛読していましたが、こんな企画は初めて。
    小鳥でも、猫でも、ゴジラでも、舟歌でも。是非 もう一度 企画してください。
    舟歌いいですね。 レミさんよろしくお願いいたします。 

  • 残念‼︎

    ちろママさま★★★★★

    どちらの時計がいいかなーなんて考えている間に売り切れてしまいました。
    残念です。
    あきらめきれずにいたら、いつか聴いた歌の第三弾が発売されているのを発見!自宅にCDが届いて、とっても素敵なジャケットに感激してます。

  • 哀しいです。

    ヨッシーさま★★★★★

    20年間、週刊文春を購入していたので、記念の時計が買えずに非常に残念です。また再入荷を期待してます。

  • 熱烈再販希望です!

    tubeboyさま★★★★★

    ご担当者さま
    週刊文春の購入が遅くなり、「メモリアルクロック」すでに完売でした。
    再販を熱烈に希望いたします。
    関係各位様ご尽力ください。
    心より切望いたします。

  • 残念無念

    ミカヅキさま★★★★★

    メモリアルクロック、タッチの差で完売してしまいました…

    40年間、2000枚もの表紙を描き続けてきたという和田さんのお仕事には尊敬しかありません。

    おめでとうございます!

    利益は寄付するといった取り組みも本当に素晴らしいと思いました。

    微力ですが協力したかったです。

    今後、もし可能であれば再販を希望しますので、どうぞ前向きにご検討ください。

Share & Clip

  • Share
  • Email
  • LINE
おいしいメルマガ
登録