手にやさしい食器用洗剤
「ピースソープ」

PEACE SOAP
(2020.5.1更新)申し訳ございません。たくさんの方にお求めいただき、完売となりました。5年間のご愛顧、有難うございました。(2020.4.30)「食器用洗剤」区分である本製品は、「ハンドソープとしては利用できません」と謳うのがルールとなっています。しかし、原料や製法はハンドソープとして使って頂いて問題ないレベルのもので、生活の中で、ハンドソープとして利用されることも珍しくありません。コロナ禍によるハンドソープの品薄状況を鑑み、本ご案内をさせていただきましたこと、ご理解いただければ幸いです。ごはんの後の、水のお仕事。みなさんはどう付き合っていますか?厄介な汚れを手早く落とすには、合成洗剤が効果的かもしれません。でも、強力な化学のチカラは、使う人や手の状態によって、必ずしも望ましいものではありません。繊細な手肌やお子さまの食器洗いには、人体への影響が少ない「植物のチカラ」を。PEACE SOAPは、人と地球にピースな食器用洗剤です。

化粧品の品質。

PEACE SOAPは、原材料にこだわり、化粧品に求められるような品質と優しさを追求した、100%植物由来の食器用洗剤です。合成着色料、合成香料、合成界面活性剤、防腐剤などを一切使わず、手肌に優しい、植物オイルと天然ミネラルだけでつくりました。
PEACE SOAP

ハンドメイド。

釜の前で、ときに舌で確かめながら洗剤を焚くその姿は、まるで料理人のよう。PEACE SOAPは、洗浄力と泡立ちを最大限に引き出すため、老舗石けんメーカー、木村石鹸が大正13年の創業以来受け継いできた“釜焚き製法”によって、丁寧につくられます。

メイキング映像はこちら ↓

考えられた洗浄力。

厳選した成分ブレンドにより、純石鹸を界面活性剤として利用する洗剤としては、最高レベルの洗浄力を実現しました。強力な合成界面活性剤の入った洗剤と比べると、洗浄力が劣るのは事実ですが、90名のモニター・アンケートの結果、約8割の方が、「他の自然派洗剤と比べて、洗浄力に満足できる」と回答しました。

界面活性剤とは?
界面活性剤とは、本来混ざり合わない水と油をなじませる物質のこと。この物質を、石油などを原料として人工的に作ったものが、市販の洗剤に多くに使われている合成界面活性剤です。油汚れに強い力を発揮する一方、手肌が繊細な方にとっては、手肌に必要な皮脂膜を奪ってしまうという危険性も。

PEACE SOAP

人にピース。

化学物質は一切含まれず、水の力だけできれいにすすぎ落とせます。 だから、洗剤の洗い残しが気になる方や、小さいお子さまがいらっしゃる方にもぴったりの洗剤です。また、洗い流したあとは自然に返るので、環境に優しいという特長も。人にも地球にも、とてもピースな洗剤です。
PEACE SOAP

自然の色。

葉っぱの緑にもバラつきがあるように、PEACE SOAPも、液体の色にバラつきがあります。着色料を使えば、色は均一化できますが、色のバラつきも個性として生かすことにしました。長くお使いいただくと、色の変化に驚かれるかと思います。季節による色の変化などもいっしょに親しんで頂ければ幸いです。
PEACE SOAP

使い分ける。

PEACE SOAPは、すこし高価な洗剤です。毎日たくさんの洗剤を使う方には、洗剤の“使い分け”をおすすめします。油汚れの激しい食器には、合成洗剤を。ティーカップや取り皿などの洗いやすい食器には、PEACE SOAPを。洗剤との付き合い方にも、多様性があっていいと、remyは考えます。
PEACE SOAP

90名のモニター・アンケート。

PEACE SOAPは、以下に該当する90名の方を対象に、モニター・アンケートを行いました。

①水仕事による手荒れにお悩みの方
②化学物質の人体への影響を気にされている方
③合成洗剤の洗い残しが気になる方
④化学物質過敏症の方/アトピーに悩まれている方
⑤自然由来の洗剤を使われていて、その洗浄力や泡立ちなどに満足されていない方

アンケート結果は、以下のバナーよりご覧いただけます。

お得な詰替え用ボトルも。

通常使用時の310mlに加え、詰替え用の1000mlボトルもご用意しました。また、日常的にお使いいただくものですので、お手に取っていただきやすいよう、お得なセット商品もご用意しました。PEACE SOAPが、皆さまの手荒れ改善に向け、少しでもお役に立てることができたら、たいへん嬉しく思います。
PEACE SOAP
ショップ一覧へ戻る